お知らせ

パスワード付き圧縮ファイルの利用廃止に関するお知らせ

SBメディアホールディングス株式会社

SBメディアホールディングス株式会社(以下「当社」といいます)は、当社従業員が業務で使用するメールアカウントにおけるパスワード付き圧縮ファイルの利用を廃止しますのでお知らせします。お客さまならびにお取引先企業、関係機関の皆さまには、ご理解とご協力をお願いいたします。

パスワード付き圧縮ファイルは、ファイルが暗号化されているため、メール受信時のマルウエアのチェックが極めて困難です。昨今増加しているマルウエア「Emotet」などの感染経路として利用されるなど、悪意ある攻撃が世界中で多数確認されており、当社においてもこのようなメールの受信が確認されております。米国サイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)は、これらのファイルをブロックする対策を提唱しており(※)、国内でもパスワード付き圧縮ファイルの利用を廃止する動きがあります。

こうした背景を踏まえ、取引先のお客さまと当社の情報セキュリティをより一層強化するため廃止を決定しました。つきましては、2022年9月1日(木)以降、当社従業員が業務で使用するメールアカウントにおけるパスワード付き圧縮ファイルの利用を廃止します。

2022年9月1日(木)以降、当社従業員のメールアカウント宛にパスワード付き圧縮ファイルが添付されているメールを送信した際、 該当のメールを受信せずに削除し、削除された旨が送信者に通知されるようになります。お客様及びお取引先様におかれましてはデータ授受の方法につきまして当社従業員(受信者)とご相談いただくようお願いいたします。

当社施策に対するご理解とご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願いいたします。

(※)参考1:IPA 「Emotet(エモテット)」と呼ばれるウイルスへの感染を狙うメールについて
(※)参考2:米国CISA Alert (AA20-280A)