お知らせ

「第2回 MVP Award」の最終選考の結果について

SBメディアホールディングス株式会社
ギルドワークス株式会社

当社とギルドワークス株式会社共催の「第2回 MVP※ Award」の最終選考会が9月14日に当社六本木ビルで行われ、最終選考者プレゼンテーションの結果、最優秀賞、優秀賞、特別賞の各賞が発表されました。

今回のテーマは「社会の課題を解決する技術」。
本年3月から5月の応募期間中に約60件の応募があり、最終選考には5つのアイディアが選ばれ、審査の結果下記3賞が決定いたしました。

最優秀賞(100万円) 「分析装置機器シェアリングサービス」
 古谷 優貴・大橋 弘宜
優秀賞(50万円) 「あなただけのモノの提供と日本のモノづくりの活性化を図る」
 Monovation 竹内 国貴
特別賞(30万円) 「まちの支えあいを増やすアプリ」
 まちかどギルド 西村 治久

(敬称略)

今後も当社とギルドワークス株式会社は新しいアイディア、プロダクトの事業化支援を行います。

※「MVP」・・・実用可能な最小限の範囲でのプロダクト「Minimum Viable Product(MVP)」